うらわのウラガワ、大公開!

本音1.楽しいと感じるときは?

子どもが★★する時が、いちばん楽しい♪

A先生:子どもたちと一緒に笑っているとき。子どもが「楽しい!」と感じているとき。

B先生:子どもが「先生のクラスで良かった!」と言ってくれたとき。

C先生:子どもに「先生大好き!」と言われたとき。子どもの笑顔が見られたとき。

D先生:子どもが楽しいと感じているときに、自分も楽しいと感じます。

やっぱり子どもの目線に立つことが基本です!

本音2 良い先生になるには?

本音2.良い先生になるには?

周りの良い先生を見習うこと。何より子どもを見ること。

A先生:先輩のやり方を見て、真似しています。「学ぶ」の語源は、「真似ぶ」。人のいいところはどんどん真似して試してみる。それが成長の秘訣だと思います。

B先生:自分の中で「理想の先生ってどんな先生か?」という目標を持つことだと思います。そして、その目標に向かって日々コツコツ取り組んでいます。

C先生:積極的になんでもやってみる!挑戦してみる。いちばんいけないのは、やらずに諦めてしまうことだと思いますよ。

D先生:子どもに寄り添って、子ども一人ひとりにとっての成長を考えること。それが、自分自身の成長にも必ずつながっていきます。

本音3 親御さんとの接し方って、難しい?

本音3.親御さんとの接し方って、難しい?

相手の立場に立つこと。当たり前だけど、とっても大事。

A先生:難しいですが、その日あった出来事や出来るようになった事を、普段から誠心誠意伝えていれば、信頼関係は自然と築けます。

B先生:言葉づかいや表情など、普段のふるまい方も大切。保護者の方は自分たちよりも年配の方もいらっしゃるので、きちんと“大人”の振る舞いをすれば保護者の方にも認めていただけますよ!

C先生:相手を思いやって気持ちを汲み取ることができれば、スムーズにコミュニケーションがとれると思います。人として基本的なことですが、それがやっぱり大事なんですね。

D先生:初めは私も緊張しました。何を話せばいいのかわからなくて。でも、お子さんの話をすると途端に和んできますよ。

本音4 子どもと接するコツは?

本音4.子どもと接するコツは?

子どもの目線に合わせること。子どもと同じくらい楽しむこと。

A先生:笑顔が大切!子どもと一緒に本気で遊び、本気で楽しめば子どもは自然と信頼してくれます。

B先生:これも保護者の方と同じで、まずは、自分が子ども目線になってみることが大切ですね。目線を合わせて「今日は朝何食べたの?」「先生はご飯と卵焼きを食べてきたよ!」と子どもとの会話を楽しむことが大事です。

C先生:遊びの幅を広げる工夫をすること。つくしの先生たちは、本当にいろんな遊びを知っていますよ。ぜひ、聞いてみてください。

D先生:「先生たちも、ときどき失敗するんだ」ということを、子どもに話してあげることですね。そうすれば、子どもたちも失敗を恐れず挑戦する気持ちを持ち続けられるんです。

本音5 園内の人間関係は?

本音5.園内の人間関係は?

あいさつがきちんと出来れば、あとは何の心配もいりません!

A先生:他の先輩方はみなさんとても優しいので何も心配することはないと思いますよ!

B先生:一生懸命頑張る人には、みんなすごくよくしてくれる。アドバイスもしてくれるし、何かあったら必ず助けてくれます。

C先生:素直に話を聞くこと。あと、適度な雑談力も大事になります。あんまりかしこまっているといつまでも距離が縮まらないですからね。一緒に職員室で盛り上がりましょう!

D先生:あと、すごく基本的なことですけど、挨拶はとっても大切です。挨拶、笑顔、返事の3つは、入ったばかりの先生でも確実にできること。「おはようございます!」「すみません!」「ありがとうございます!」のことばを職場の人に忘れずに伝えましょう。そうすれば、自然に信頼関係はできていくはずですよ。

本音6 園長先生ってどんな人?

本音6.園長先生ってどんな人?

子ども心を忘れない、しっかり者のお父さん。

A先生:園全体を、いつもしっかり見ていてくれる。子どものこと、職員のことをすごくよく思ってくれる、浦和つくし幼稚園のお父さんです。

B先生:子どもたちの教育、職員の教育に対して、芯のある考え方を持っている方です。何があってもブレないので、安心してついていこうと思えるんですね。

C先生:いまだに学び続けているのが、すごいと思います。園長先生は本当に、いろんなことを知っている。幼児教育のことだけじゃなく、社会情勢など学び続けている姿は本当に尊敬できます。

D先生:でも、そんなにしっかりした方なのに、子ども心は決して忘れないんです。子どもたちや私たちと一緒に、楽しむときは全力で楽しんでくれる。人としての幅の広さを感じますね。

本音7 副園長先生ってどんな人?

本音7.副園長先生ってどんな人?

先生みんなの、憧れの先生

A先生:保育のことはもちろん、社会人としても大切なこと、基本的なことを1から教えてくださる第2のお母さんです。

B先生:厳しい中にも、たっぷりの愛情を感じさせてくれる方です。女性としても尊敬できます。

C先生:学生から社会人へと成長させてくれます。社会人としてのあり方や心構え、さらには女性としてのふるまい方から掃除の仕方まで、本当にいろんなことを学ばせてくれます。

D先生:優しく、ときに厳しく、小さなことから丁寧に教えてくださる。だから、困ったときはどんなことでも相談できる。とても包容力のある憧れの女性です。

本音8 落ち込んだときはどうしてる?

本音8.落ち込んだときはどうしてる?

落ち込んだときは我慢せず、周りを頼っちゃいます。

A先生:土日に出かけて、好きなことをやって、しっかりリフレッシュします!

B先生:お酒を飲んで発散!カラオケで歌って発散!あとはお風呂屋さんに行って、嫌なことはきれいさっぱり洗い流しちゃいますね。

C先生:落ち込んだときは、さっさと寝ちゃいます。1日寝ると嫌なことは忘れられるんです。あとは、落ち込んでばかりもいられないので、なんでも前向きにとらえるように普段から気をつけていますね。

D先生:周りの先生に相談します。そして、一緒に飲んで、笑って、精一杯遊びます。すると、次の日からまた頑張れるんです。

本音1 楽しいと感じるときは?
募集要項・エントリー  よくあるご質問